トライアングル個別学習塾 - 船堀駅徒歩5分 | 未分類
1
archive,paged,category,category-1,paged-5,category-paged-5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-9.1.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
 

未分類

27 2月 当塾の口コミ(生徒からの口コミ) |船堀の学習塾

こんにちは! 今日は生徒からの口コミをご紹介。 ホームページ上にも載せられていますが、ブログ上でもUPします!   口コミ① 高3女子 大学受験生 某T塾から転塾 ⇒ 2か月で偏差値10UP! 勉強するのが楽しくなりました!! トライアングルは他の塾と比べ、特に生徒と先生方との距離が近く信頼関係があるので、勉強のモチベーションが上がります!今私は高3で受験勉強として通っていて模試では三教科合計が2ヶ月で偏差値10上がりました。単に問題を解いてその解説を受けるのではなく、しっかりと構造や理解を深めるための解き方、少し奥のことまで教えてもらえます。また、先生がよく生徒を見てくれているのでこの塾の多くの生徒が楽しく授業を受けたり先生と色んな話をしたり、みんな活き活きした感じがします!!そういった点を踏まえてもやる気があれば誰でも必ず成績が上がる塾だと思います。 口コミ② 中学生時代のお話(中2から高1現在も通塾中!)  苦手な数学が今では得意科目! 成績がとても上がりました!私は、中学2年生から通っています。 初めは数学も理科も50点台でしたが、中3になる頃にはすべての科目で80点以上をとれるようになりました。5科目でも450点になり、内申も上げることが出来ました。偏差値は初めは50くらいでしたが、入試直前では60まで上がりました。 勉強の仕方も身につき、受験では第一志望に合格することが出来ました。塾の先生は、成績upのためにとても親身で、生徒との距離も近いです。 勉強の悩みや、わからないところを質問しやすい雰囲気が良いです。 勉強に対して熱心な先生が多いので、塾に通ったことで自分の人生は変わったと思います。高校生になった今でも通っていて、次は理系の大学に合格するために頑張っています。   口コミ③ 数学 学年1位に!(中3から通塾。高1現在も通塾中!) 英語まで、学年TOPに! 数学が得意になりました!高校1年です。塾でとっている数学はかなり先取りしているので、学校の授業が復習のような感じになり、定着しやすくなりました! そのおかげで数学はクラスで1番になりました。高校生活中の塾での学習は本当に大事なんだと痛感しました。※ その後 英語でも学年1位に!意識が高く感心しています!   トライアングルでは、目先の学力ももちろんですが、先々のことも見据えて授業をしています。 何故だと思いますか? それは 『定期テストや受験が、あなたの最終ゴール地点ではないからです。』 中学生であれば、高校に入ってからが本当の勝負ですよね? ここでホッとしてしまうから、また高校時代も中学時代と同じ失敗をしてしまうのです。   『人間は一生勉強。勉強は自分のために、常に欠かしてはならないものだ』 という言葉もあるように、 多くの偉大な成功者たちは、目先のことだけではなく、常にその勉強を続けたからこそ成功をおさめているのです。   定期テストで点数UP! 模試の偏差値UP! 第一志望での合格! これはあくまで通過点であり、努力の結果です。 皆さんが本当の実力を身に着けたいのであれば、 そんな小さいことだけではなく、長い視野で物事を考えてみることもときには大切になることだと思いますよ。   まずは、トライアングルで成功への第一歩を!    ...

Read More

24 2月 平成29年度都立入試 平均点予想(各科目傾向分析付き)|船堀 塾

こんにちは。 都立入試、皆さんお疲れ様です。 今回の都立入試の平均点ですが、あくまで一意見なので当たらないかもしれませんが。 都立入試は、 過去13年の平均を取るとこんな感じになります。 国語 64.9点 数学 56.6点 英語 56.2点 社会 59.3点 理科 59.0点 5科目296.0点 この数値だけを見ると 英語 < 数学 < 理科 < 社会 < 国語 というような難易度になりますね。   ちなみに昨年の平均点は?( )の中は、13年平均に対する±を表記。 国語 73.9点(+9点) ⇒かなり易しい 数学 60.9点(+4.3点)⇒少し易しめ 英語 57.4点(+1.2点)⇒ 平年並み 社会 59.3点(±0点) ⇒ 平年並み 理科 50.6点(−8.4点)⇒かなり難化 5科目302.1点   さて今年はというと 国語 66点(±2点) 昨年よりやや難化 数学 54点(±2点) 昨年より難化(平年並みの難易度) 英語 57点(±2点) 平年並み(平年並みの難易度) 社会 57点(±2点) 平年並み(平均よりやや簡単) 理科 60点(±2点) 易化(平均よりやや難しい) 5科目 292点(±5点)   ぐらいだと個人的感想。   1.数学 大問1 易 (1)~(6)までは代わり映えはなしです。 (7) 変域 (2次関数) ここで変域が出されることはあまりありませんね。大問3との兼ね合いだと思いますが、いままで傾向に変化があったところです。 (8) 確率 (2つのサイコロ) 少し応用ですね。ですが、比較的解きやすい問題なのでしっかり対策をしていた人は難なく解けます。 (9) 作図 (角の2等分線) これは簡単でしたね!逆に点を打たないように注意! 大問2 やや難 (1)規則性 (2)証明 (1)は規則性が見つかれば、力技でも正解にたどり着けます。 (2)の証明は難易度高めですね。 大問3 易 (1)座標 (2)二等分線 (3)座標 今回の関数は、(3)も簡単でしたね。結構ラッキー問題の1つです。 (3)は普段から、文字を使って方程式を立てる練習が出来れば数分で解けます。 大問4 やや難 (1)弧の長さ (2)相似の証明 (3)長さ (1)で弧の長さを求める問題は新しい傾向。(2)の相似の証明は簡単です。 大問5 やや難 (1)長さ (2)体積 例年の問題よりも難しめに作られています。正答率は低かったのではないでしょうか? 全体的な難易度はやや高め。 それでも基本問題をとりこぼしなく取れていれば、7割くらいは平気で行けると思います。   理科 大問1 易 (1)火山 (2)酸とアルカリ(3)遺伝 (4)右ねじの法則 (5)蒸留 (6)回路図・電流の性質 (7)月の見え方 大問2 標準 (1)密度 (2)動物の分類 (3)屈折 (4)地層 大問3 易 (1)天気の特徴 (2)前線 (3)天気図 大問4 標準~易 (1)ヨウ素液 (2)だ液の性質 (3)消化液と消化酵素 (4)実験の結果 大問5 やや難 (1)炭酸水素ナトリウムの分解 (2)実験結果とモデル (3)酸化と還元 大問6 易 (1)重力と速さについて (2)分力の作図 (3)グラフ (4)位置Eと運動E   全体的に簡単だったと思います。昨年に比べて素直な問題が多いので、解きやすかったのではないでしょうか? ただ昨年度までに比べて、出題のされ方に変化があったので、文章を読み解く力も一定必要だと感じます。 普段からの勉強の中で、 ・理屈をしっかりと明確にして勉強していた人 は迷わず答えを選べるような問題構成になっていたと思います。   社会 大問1 標準 (1)地形図 (2)奥州藤原氏 (3)普通選挙 大問2 やや難 (1)アイスランド (2)キューバ (3)貿易・資料読み取り 大問3 易 (1)最上川・山形県 (2)大阪 (3)ガソリンスタンド・高齢化 大問4 易 (1)弥生~平安時代の並び替え (2)元禄文化 (3)生糸と綿 (4)大正デモクラシー 大問5 やや難 (1)自由権 経済活動の自由 (2)株式・株主 (3)日本経済について (4)消費者の保護 大問6 易 (1)国の経済成長の様子 (2)原油の輸入量 (3)グローバル化について   問題の出し方が大幅に変わりましたね。 というのも、地理を歴史的背景と絡めたり、単に地理的なことや資料の読み取りといった問題ではなく、多角的に考えなくてはならない問題が増えました。 しかしながら、 社会の勉強方法として キューバ = 社会主義国家 藤原氏 = 奥州 = 宮城県 といったようにリンクさせる勉強方法をしっかりしている人は、比較的解ける問題構成だったと思います。 平均点的には、去年よりやや難くらいで、さほど難しい問題ではないと思います。 国語 漢字は前年よりだいぶ難しくなりました。 読解については読みやすい問題だったと思いますので、平均点はそこまで下がらないでしょう。 英語 英作文。これは、面食らった人もいるでしょう。 今までのように、テーマが決められているわけではなく読み取ってから解かなくてはならないので、 ここで時間をかけてしまった人は、そのあとの長文読解の点数に影響してしまったはず。 問題レベルとしては、変わっていませんが、英作文の件もあるので昨年よりやや難という評価をつけました。...

Read More

23 2月 平成29年度都立入試 平均点予想について(入試前にやりたいこと)

こんにちは。 今年も都立入試まであと1日となりました。 さて、今日は 『平成29年度都立入試 平均点予想について』 http://triangle-intelligence-school.com/2017/02/24/%e5%b9%b3%e6%88%9029%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e9%83%bd%e7%ab%8b%e5%85%a5%e8%a9%a6%e3%80%80%e5%b9%b3%e5%9d%87%e7%82%b9%e4%ba%88%e6%83%b3%ef%bc%88%e5%90%84%e7%a7%91%e7%9b%ae%e5%82%be%e5%90%91%e5%88%86%e6%9e%90/ ⇒試験後の平均点予想はコチラから。傾向分析付きです。   あくまで前日の予想なので、一つの意見として聞いていただけると幸いです。   都立入試は、 過去13年の平均を取るとこんな感じになります。 国語 64.9点 数学 56.6点 英語 56.2点 社会 59.3点 理科 59.0点 5科目296.0点 この数値だけを見ると 英語 < 数学 < 理科 < 社会 < 国語 というような難易度になりますね。   ちなみに昨年の平均点は?( )の中は、13年平均に対する±を表記。 国語 73.9点(+9点) ⇒かなり易しい 数学 60.9点(+4.3点)⇒少し易しめ 英語 57.4点(+1.2点)⇒ 平年並み 社会 59.3点(±0点) ⇒ 平年並み 理科 50.6点(−8.4点)⇒かなり難化 5科目302.1点   そう考えると平成29年度都立入試の平均点はこんな感じになることが予想!?されます。 国語 68点前後 昨年よりやや難化(平均よりやや簡単) 数学 58点前後 昨年よりやや難化(平年並みの難易度) 英語 57点前後 平年並み(平年並みの難易度) 社会 59点前後 平年並み(平均よりやや簡単) 理科 55点前後 やや易化(平均よりやや難しい) 5科目 297点前後   これが当たるか、当たらないか?わかりませんが、こんな予想をしてみました。   国語で 例年読解でそこまで差は感じられませんが、漢字の難易度は全然年度によって違いますよね。今年はまさか 「 雲 」 なんてでないですよ笑 ふざけてますよね。 数学は 今年は、合同が出るか?相似が出るか?相似の方が簡単ですけどね。 高得点を取る子は、各設問の最後の応用問題をとれる実力があると思いますが、都立入試で失敗しない子は大問1などとらなくてはならない問題の取りこぼしが無いと思います。 例えば、 資料の整理、確率、円周角、変化の割合、作図などを取りこぼしてしまうのは10点前後の差がつきますよね。 ある意味、数学のこの10点~16点の差が致命的になるケースはあると思います。   英語は 選択問題になった影響で少し平均点が上がったように感じます。 今までは大問4の(1)(2)は手を付けられなかった子も正答できるようになった影響もあると思います。 都立の英語は読み方がハッキリしているので、比較的高得点取りやすいですよね。   社会は、 一問一答や内容重視の勉強はそこまでやる必要はないと思います。 前日なので言いますが、今日やれることと言えば、 地理なら、 フランス = 航空機 ・ ブドウ イタリア = オリーブ・ ブドウ ・地中海性気候 歴史なら 御成敗式目 = 北条泰時 = 鎌倉時代 太閤検地 = 豊臣秀吉 = 安土桃山時代   というようにキーワードをリンクさせることですよね。 社会は間違え探し・ヒント探しですから、今からであればそれをやって明日に備えること。   理科は 毎年悩ませますよね。興味あるなしでかなり点数に差が出るように思えますから。 それでも、理科は理屈をしっかりと理解させることで得点にムラが出ないようにはしています。 今からだとそこまで多くのことはできないでしょう。 暗記系の ・植物の分類 ・化石の種類 ・岩石の分類 ・天気記号、前線の特徴 などの暗記系をやることをおススメします。   何が出るかなんて、予想したところなのでやりません。 受験生の皆さん明日は精一杯がんばりましょうね^^ 応援しています。      ...

Read More

23 2月 成績UPの好機はテスト前とテスト直後にある!

こんにちは。 塾長の石田です! 今週・来週から学年末テストが始まりますね。お子様の学習状況はいかがでしょうか?   成績UPの好機はいつだと思いますか? それは、 テスト前 と テスト直後 です! テスト前は当然のことながら、苦手が解決できるので有効な通い時期なのですが、   テスト後に動けるか?どうかで、次のテストの結果が変わると思ってください。 しかも今回は、次のテストまでが約3か月半あります。   3月・4月に今までの復習+1学期の予習をやれば、 結構な確率で高得点が望めると思います。   私がおススメしたい始める時期は、 1番はテスト前から。2番目はテスト直後というのをやはりおススメしたいです。   この時期に始めた生徒のほとんどが成績が伸びているのは、 1年の中でも、学校が極端に進まない好機だからです。それだけ時間があるということです。 もし、 点数に伸び悩んでいる、もっと良い成績が取りたいと感じている人は、 まずは、体験授業から受けてみませんか?    ...

Read More

22 2月 体験授業の1回で『できる!』に変えます!

中1の皆さん! 初めての学年末テストですね!   この1年間、勉強の出来はいかがでしたでしょうか?   テストまであと6日! まだ間に合いますよ! 苦手を克服して、良い点数をとれるように頑張りましょう! 中1の代表値 の 範囲 最頻値・平均値・中央値の区別はしっかりとついていますか? わからない方は体験授業の1回で解決しますよ^^   わからないところを『できる!』に変えらたら嬉しいですね?...

Read More

21 2月 我が子も成績UPしてほしい!そう思った方はポチッとな。

こんにちは! 学年末テストまであと僅かですね! お子様はテスト前、どんなご様子ですか?   『まだ全然危機感がない。』『全然勉強していない。』 『どうやって勉強したらよいか、わからない。』などといったお悩みをお持ちの方はいませんか?   トライアングルでは、 まずは面談で お子様の勉強に対する『姿勢と考え方』に焦点を当ててお話させていただいております。   皆さんが通われている塾で 「おまかせください。」などといった、うわべだけの返答をされてはいませんか? そこには「どうやって?」がありますでしょうか。   転塾してきた生徒の保護者様・お子様から聞くと、 その部分がなく、ただただ塾に通っていたというケースが多く見られます。   例えば、 都立入試で言えば、 都立特有の出題範囲・出題傾向があり、お子様の目指す高校によってとらなくてはいけない問題が各科目決まっています。おのずと、2年生の春・3年生の夏にやっておかなくてはならないことが決定します。 バカみたいに、教材を最初から最後まで演習するといったアホな勉強は、効率がよくありません。     大学入試で言っても同様です。 ここはかなり気を付けなくてはならない点。近隣のある某個別塾で、高校生がかなり放置プレイで、それで7月に慌てて転塾してきた生徒がいます。入ってきた当初は、結構ヤバい状態でしたが、塾側からどうやってやっていくのか?という方針はなかったそうです。 結果として大学受験には成功することができましたが、やはりそれまでのハンデを取り戻すのは大変でした。 大学受験は、大学によって出題傾向・出題形式が異なりますのでどこの大学へ行きたいのか?は早めに明確にしたいところです。 また、お子様の現状ラインがどこなのか?にもよって、どのくらいのペースで、そしてどんな内容をやらなくてはならないか?も異なってきますので、まずは現状から調べることになると思います。   実際に、成績がどれくらい上がったのか? 例を挙げれば、定期テストの点数は 数学 53点 ⇒ 95点 5科目 330点 ⇒ 448点 偏差値は 数学 39 ⇒ 62 5科目 43 ⇒ 57 といった例がございます。   どうやって上げたのか? は企業秘密ですので、 体験授業等を受けることをおススメしたいと思います。   勉強は『姿勢と考え方』次第で大きく変わります。 このように成績が上がった生徒も最初は、勉強に対する姿勢や考え方が良くはありませんでした。 前にも話題にしましたが、 そういうことへの 『気づき』 を与えていくことを普段からやらなくてはいけないことだと思います。  ...

Read More

15 2月 中1・中2定期テスト対策 苦手科目を克服したい子はcome on!

こんにちは! 学年末テストまであと2週間ですね!   テスト前の勉強はいかがでしょうか?   塾生の1人を例に挙げます。 ☆中1の女子 の場合   学校のワークは2週間前までに終わらせる約束をしました。 13日までにやるようにして、テスト前にワーク地獄にはまらないようにしました。 これで、テストまでの間十分に演習を積むことができます。 まだ入って数か月なので、 学校よりも先取りという方法は取れていませんが、 3月から4月にかけて1学期の内容は全て終わらせることができそうです。 2年生で大幅な成績UPができるでしょう!   皆さんのお子様は、 次年度どのような勉強をしていこうと思っていますか? ただただ、塾に通って授業をする毎日を送りますか? それとも、何か目的をもって塾通いをしますか? 勉強は積み重ねです。 1つ1つのテストで応急処置的に点数を伸ばすことはできますが、 それは次のテストになれば、またそんなマヤカシと戦わなければなりません。   年間を通して、何をどのタイミングで復習をしていくのか? どのようなタイムスケジュールで、普段の勉強をしていくのか? それをしっかり管理をし、本人もそれを将来的にできるようになれば、そんなマヤカシの成績ではなく、 本当の実力が身に付くのだと思います。   もちろん、 定期テストの過去問 や 入試の過去問を解くことは大事ですが、 本当の実力を身に着けるには、テスト前のそんなちょちょっとしてものではなく、 普段からの勉強の量と仕方が大切だと思います。     心一つで勉強への前向き度は変えることができます!   気持ちがないのに、成績は上がりませんよね? やらされ勉強でもやればいいですが、多くの子はやらない方向に走っています。 自発的に取り組めるようにしていくことが、成績を飛躍的にUPさせる方法の1つです。   まずは、 授業を体験することが一番^^ 苦手科目を克服したい人はいつでもcome on!  ...

Read More

13 2月 大学合格 続々と! 船堀の塾 合格率100%!!

こんにちは! 駒場高校、城東高校、江戸川高校、深川高校、東高校、小岩高校 などの生徒さんが通塾中!大学受験に向け、日々奮闘しています!   さて今日は 合格発表が出ましたので、ご報告!   明治大学 政治経済学部 中央大学 理工学部 獨協大学 経済学部 経済学科      経済学部 経営学科 帝京科学大学 医療科学部   に見事合格いたしました! それぞれ、勉強を始めた時期は異なりますが、 一生懸命努力を重ね、合格してくれたことを非常にうれしく思います! 新しいステージでも活躍できることをお祈りしています!   さて高校2年生にとっては、 そろそろ大学受験を考え始める時期ですね!?   言われたことをしっかりこなすことのできる子は、 第一志望に合格することができています! 今までの現役合格率100%! となっています! これからどうしていったら良いのか?わからない生徒さん! まずはお話だけでも、聞きにきませんか?              ...

Read More

07 2月 学年末テスト対策 無料体験実施中!

こんにちは! 入試まであと僅かになりましたが、 受験生以外の皆さんは、学年末テストですね!   テストも近いので ・塾に通ってみようかな? と漠然と考えている。   お子様が ・塾に通いたい と言っている。   周りも通っているし ・なんとなく行った方がいいのかな? と思っている。   など、通塾のキッカケは様々だと思います。 まずは、体験授業にお越しください。 授業の良さ、スタッフの良さに一定評価を頂いております。 私が塾長です。 お子様の今後を決める大事な時! わたくし自身もお子様の将来に何が一番必要なのか?を考え 保護者様にご提示させていただきますので、 安心してお越しください。 体験授業のご希望の方は、 一度お電話ください。その際 ① お子様のご状況 ② 体験授業の日程 の2点を決めさせていただきます! どうぞお気軽にお電話ください。  ...

Read More

02 2月 都立推薦入試 勉強の本質とは?なんだと思いますか?

こんにちは。 今日は都立推薦入試の合格発表でしたね! 合格者の皆さん 『合格おめでとう!』 ※ 写真は去年の結果。今年は、揃い次第掲示させていただきます^^   今日は、推薦入試で合格したある男の子のお話 ☆1学期の内申(入塾時)⇒ 2学期の内申(受験の内申) 半分以上が2 ⇒ オール3   ☆7月のV模擬 ⇒ 1月のV模擬 偏差値34 ⇒ 偏差値 44 合格したのは、篠崎高校ですが   私が評価したいことは、 彼の言葉の中から勉強に対して、 前向きな言動や目標が 聞けるようになったことです。   大学の話が出たりするのも、彼が将来のことを真剣に考え始めたからではないでしょうか?   勉強の本質とは? それは、『 気づく 』ことです。   今までの成績がどうのこうのという話ではなく、 お子様自身が、自分の将来を直視し『気づく』ことができなければ いつまで経っても何も考えない人生になります。   私たち教育者の務めは、 『 気づかせること 』 だと思っています。 もちろん、 それは一筋縄でいくことではありませんが、 そういう姿勢で、責任者、講師が臨むべきだと思っています。   私が好きな言葉として 『今からでも遅くない。良いと思ったら始めよ。』 という言葉があります。 今はできないことだとしても、良いと思ってやり始めることで可能性は生まれる。 ということです。   子どもたちがそのように、可能性を感じて勉強してくれることで 新しい発見がそこに生まれると思っています。          ...

Read More