トライアングル個別学習塾 - 船堀駅徒歩5分 | ブログ
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-8,page-paged-8,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-9.1.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
 

ブログ

22 2月 体験授業の1回で『できる!』に変えます!

中1の皆さん! 初めての学年末テストですね!   この1年間、勉強の出来はいかがでしたでしょうか?   テストまであと6日! まだ間に合いますよ! 苦手を克服して、良い点数をとれるように頑張りましょう! 中1の代表値 の 範囲 最頻値・平均値・中央値の区別はしっかりとついていますか? わからない方は体験授業の1回で解決しますよ^^   わからないところを『できる!』に変えらたら嬉しいですね?...

Read More

21 2月 我が子も成績UPしてほしい!そう思った方はポチッとな。

こんにちは! 学年末テストまであと僅かですね! お子様はテスト前、どんなご様子ですか?   『まだ全然危機感がない。』『全然勉強していない。』 『どうやって勉強したらよいか、わからない。』などといったお悩みをお持ちの方はいませんか?   トライアングルでは、 まずは面談で お子様の勉強に対する『姿勢と考え方』に焦点を当ててお話させていただいております。   皆さんが通われている塾で 「おまかせください。」などといった、うわべだけの返答をされてはいませんか? そこには「どうやって?」がありますでしょうか。   転塾してきた生徒の保護者様・お子様から聞くと、 その部分がなく、ただただ塾に通っていたというケースが多く見られます。   例えば、 都立入試で言えば、 都立特有の出題範囲・出題傾向があり、お子様の目指す高校によってとらなくてはいけない問題が各科目決まっています。おのずと、2年生の春・3年生の夏にやっておかなくてはならないことが決定します。 バカみたいに、教材を最初から最後まで演習するといったアホな勉強は、効率がよくありません。     大学入試で言っても同様です。 ここはかなり気を付けなくてはならない点。近隣のある某個別塾で、高校生がかなり放置プレイで、それで7月に慌てて転塾してきた生徒がいます。入ってきた当初は、結構ヤバい状態でしたが、塾側からどうやってやっていくのか?という方針はなかったそうです。 結果として大学受験には成功することができましたが、やはりそれまでのハンデを取り戻すのは大変でした。 大学受験は、大学によって出題傾向・出題形式が異なりますのでどこの大学へ行きたいのか?は早めに明確にしたいところです。 また、お子様の現状ラインがどこなのか?にもよって、どのくらいのペースで、そしてどんな内容をやらなくてはならないか?も異なってきますので、まずは現状から調べることになると思います。   実際に、成績がどれくらい上がったのか? 例を挙げれば、定期テストの点数は 数学 53点 ⇒ 95点 5科目 330点 ⇒ 448点 偏差値は 数学 39 ⇒ 62 5科目 43 ⇒ 57 といった例がございます。   どうやって上げたのか? は企業秘密ですので、 体験授業等を受けることをおススメしたいと思います。   勉強は『姿勢と考え方』次第で大きく変わります。 このように成績が上がった生徒も最初は、勉強に対する姿勢や考え方が良くはありませんでした。 前にも話題にしましたが、 そういうことへの 『気づき』 を与えていくことを普段からやらなくてはいけないことだと思います。  ...

Read More

15 2月 中1・中2定期テスト対策 苦手科目を克服したい子はcome on!

こんにちは! 学年末テストまであと2週間ですね!   テスト前の勉強はいかがでしょうか?   塾生の1人を例に挙げます。 ☆中1の女子 の場合   学校のワークは2週間前までに終わらせる約束をしました。 13日までにやるようにして、テスト前にワーク地獄にはまらないようにしました。 これで、テストまでの間十分に演習を積むことができます。 まだ入って数か月なので、 学校よりも先取りという方法は取れていませんが、 3月から4月にかけて1学期の内容は全て終わらせることができそうです。 2年生で大幅な成績UPができるでしょう!   皆さんのお子様は、 次年度どのような勉強をしていこうと思っていますか? ただただ、塾に通って授業をする毎日を送りますか? それとも、何か目的をもって塾通いをしますか? 勉強は積み重ねです。 1つ1つのテストで応急処置的に点数を伸ばすことはできますが、 それは次のテストになれば、またそんなマヤカシと戦わなければなりません。   年間を通して、何をどのタイミングで復習をしていくのか? どのようなタイムスケジュールで、普段の勉強をしていくのか? それをしっかり管理をし、本人もそれを将来的にできるようになれば、そんなマヤカシの成績ではなく、 本当の実力が身に付くのだと思います。   もちろん、 定期テストの過去問 や 入試の過去問を解くことは大事ですが、 本当の実力を身に着けるには、テスト前のそんなちょちょっとしてものではなく、 普段からの勉強の量と仕方が大切だと思います。     心一つで勉強への前向き度は変えることができます!   気持ちがないのに、成績は上がりませんよね? やらされ勉強でもやればいいですが、多くの子はやらない方向に走っています。 自発的に取り組めるようにしていくことが、成績を飛躍的にUPさせる方法の1つです。   まずは、 授業を体験することが一番^^ 苦手科目を克服したい人はいつでもcome on!  ...

Read More

13 2月 大学合格 続々と! 船堀の塾 合格率100%!!

こんにちは! 駒場高校、城東高校、江戸川高校、深川高校、東高校、小岩高校 などの生徒さんが通塾中!大学受験に向け、日々奮闘しています!   さて今日は 合格発表が出ましたので、ご報告!   明治大学 政治経済学部 中央大学 理工学部 獨協大学 経済学部 経済学科      経済学部 経営学科 帝京科学大学 医療科学部   に見事合格いたしました! それぞれ、勉強を始めた時期は異なりますが、 一生懸命努力を重ね、合格してくれたことを非常にうれしく思います! 新しいステージでも活躍できることをお祈りしています!   さて高校2年生にとっては、 そろそろ大学受験を考え始める時期ですね!?   言われたことをしっかりこなすことのできる子は、 第一志望に合格することができています! 今までの現役合格率100%! となっています! これからどうしていったら良いのか?わからない生徒さん! まずはお話だけでも、聞きにきませんか?              ...

Read More

07 2月 学年末テスト対策 無料体験実施中!

こんにちは! 入試まであと僅かになりましたが、 受験生以外の皆さんは、学年末テストですね!   テストも近いので ・塾に通ってみようかな? と漠然と考えている。   お子様が ・塾に通いたい と言っている。   周りも通っているし ・なんとなく行った方がいいのかな? と思っている。   など、通塾のキッカケは様々だと思います。 まずは、体験授業にお越しください。 授業の良さ、スタッフの良さに一定評価を頂いております。 私が塾長です。 お子様の今後を決める大事な時! わたくし自身もお子様の将来に何が一番必要なのか?を考え 保護者様にご提示させていただきますので、 安心してお越しください。 体験授業のご希望の方は、 一度お電話ください。その際 ① お子様のご状況 ② 体験授業の日程 の2点を決めさせていただきます! どうぞお気軽にお電話ください。  ...

Read More

02 2月 都立推薦入試 勉強の本質とは?なんだと思いますか?

こんにちは。 今日は都立推薦入試の合格発表でしたね! 合格者の皆さん 『合格おめでとう!』 ※ 写真は去年の結果。今年は、揃い次第掲示させていただきます^^   今日は、推薦入試で合格したある男の子のお話 ☆1学期の内申(入塾時)⇒ 2学期の内申(受験の内申) 半分以上が2 ⇒ オール3   ☆7月のV模擬 ⇒ 1月のV模擬 偏差値34 ⇒ 偏差値 44 合格したのは、篠崎高校ですが   私が評価したいことは、 彼の言葉の中から勉強に対して、 前向きな言動や目標が 聞けるようになったことです。   大学の話が出たりするのも、彼が将来のことを真剣に考え始めたからではないでしょうか?   勉強の本質とは? それは、『 気づく 』ことです。   今までの成績がどうのこうのという話ではなく、 お子様自身が、自分の将来を直視し『気づく』ことができなければ いつまで経っても何も考えない人生になります。   私たち教育者の務めは、 『 気づかせること 』 だと思っています。 もちろん、 それは一筋縄でいくことではありませんが、 そういう姿勢で、責任者、講師が臨むべきだと思っています。   私が好きな言葉として 『今からでも遅くない。良いと思ったら始めよ。』 という言葉があります。 今はできないことだとしても、良いと思ってやり始めることで可能性は生まれる。 ということです。   子どもたちがそのように、可能性を感じて勉強してくれることで 新しい発見がそこに生まれると思っています。          ...

Read More