トライアングル個別学習塾 - 船堀駅徒歩5分 | ブログ
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-5,page-paged-5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-9.1.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
 

ブログ

25 5月 船堀の塾|本当にできる人は、「知らない」ことを知っている。

こんにちは! 最近、「ソクラテスの弁明」という本を読みました。 その本の一節に、面白い文章を見つけたので、今日はそれをご紹介。   今日のテーマ 本当にできる人は、「知らない」ことを知っている。 ソクラテスの弁明 私たちの日常では、何となくそう思ったり、それなりにわかっている事でも  「知っている」と認定することがあります。 しかし、厳密に言えば、「知る」とは、明確な根拠を持ってそれを知っているというあり方を指します。 つまり、「知っている者」は、その内容や原因を体系的に説明できなければならない。 例えば、 3:4:5の比をなす三角形が直角三角形であることは、 「見ればわかる」とか「たまたま経験で知っている」とか「学校で習った」というだけでなく、自分で「三平方の定理」を使って証明できなければ、本当に知っていることにはならない。 ソクラテスのように自分がはっきりと「知らない」という自覚を持つ場合にだけ、その知らない対象を「知ろう」とする動きが始まる。 何となく「分かってるよ」と片付ける人は、本当には分かっておらず、自己認識がないままに、曖昧なまま進歩がなく、思い込みの中で人生を送っていく。 また、不十分なまま「知らないよ」と開き直っている人にも、そこから知に向かう積極的な動きは起こらない。   つまり、本当に大切なことを知らないのにも関わらず、地位や評判や技量によって自分こそ知恵あるものだと思い込んでいる。この「無知」つまり「知らないこと」を自覚していない状態こそが、恥ずべき有り方なのである。   勉強において、 知っていることを増やすことの前に、 まずは「知らない」ということを認めることが大切です。 知らないを知っている人は、それを解決しようとしますが、 「知ってる、知ってる」と言っている人ほど、実は本当に理解していないこともあるのです。 生徒の 「わかった。理解した。」というのも同じ。 生徒本人が、自分で相手に説明できるようになるくらいまでやって 本当の理解だと、私は思います。    ...

Read More

23 5月 来たる!6月10日! 期末テスト対策イベント 点数を上げたい君へ無料授業!

皆さんこんにちは! 6月10日(土)に期末テスト対策イベントを実施します! 苦手科目 特に 英語・数学・理科 のポイント対策を行います! 詳細は以下の通り!    ☆ 詳細  日程  6月10日(土)  時間帯    ① 14時40分~16時00分    ② 16時00分~17時20分    ③ 17時20分~18時40分       各時間帯、定員3名様までとさせていただきます! ※ 上記の時間帯で、お申込が難しい場合もご相談に乗りますので、諦めずに教室までお問合せ下さい。  お申込方法   ⇒ お電話 03-3804-3231 ※ その際に、苦手な科目と現状を簡単にお聞かせください。   お子様のレベルでの制限はございませんので、お気軽にお問合せ下さい。...

Read More

18 5月 画期的にテストの点数を伸ばすには?|テスト対策 船堀の塾|

画期的にテストの点数が伸びるには? お子様の勉強を見ていて、 本当にテストの点数が伸びる勉強をしていますか? 今日は悩める中学生・高校生に1つ質問。 Q.勉強の計画の立て方は本当にそれで合っていますか? 例えば、学校のワーク!  塾に通っているのに、直前まで提出物に追われているなんてことはありませんか?  テスト勉強はテストの2週間前から!なんて思ってやっている子は、そもそも勉強が下手です。 では、いつまでに終わらせる?  早い子では、1ヵ月前。遅い子でも2週間前を推奨したいです。 では、なんでそれまでに終わらせるの? ですが、  期末テストでは9科目ありますよね?  例えば、30日間で9科目を割ったとしても1科目あたり約3日間の勉強時間しかありません。 そんな中!ワークに追われていたとしましょう。  いい点数取れるはずはありませんよね? それでは、テスト勉強はいつから始めるか?  その答えは、テストが終わってすぐ!ではありません。  その答えは、テストが終わる前から、次のテストの勉強は始まっている! ということを認識しましょう! え!!? テストが終わっていないのに、次のテスト勉強!? と思われる方も少なくはないと思いますが、 トライアングルに通ってくれている子供たちの多くは、 今回のテスト勉強だけでなく、次のテスト勉強の範囲まで踏み込んでいる子供たちが多いです。   なぜ?そんなことをするかと言えば、 目先の点数だけでなく、年間を通して成績を上げていきたいからです。 学校のテストが終われば、学校はまた次のテストに向けて新しい単元を行います。 そこで一度習っているところだとしたら? 学校は楽ですよね!   これから夏休みを前に、皆さんにお伝えしておくと、 夏休み中に、2学期の範囲を終わらせよう! そういうカリキュラムを組んでいれば、どんなお子様でも1学期よりも良い順位になれると思います! それをお助けいたしますので、 ぜひ、トライアングルの門を叩いてください! 成績が上がる勉強の仕方!お教えします! トライアングル 塾長より 教室紹介動画はコチラから! http://triangle-intelligence-school.com/2017/05/12/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%bc/ お問合せはコチラから! http://triangle-intelligence-school.com/contact/  ...

Read More

08 5月 2ヶ月で偏差値が10上がる!船堀の塾 夏期講習2017年 

もし!あなたが成績を上げたいと思っているなら、 それは、 『今までの勉強の仕方を忘れることです』 このブログを見ているということは、 おそらく、 ① 塾をご検討中の方 ② 他塾の方 笑 でしょう。   ストレートに言います。 『 今の学び方は、本当にあなたに合った勉強方法ですか? 』 合っているよ!という方は、見る必要はございません。 見たいと思う人だけ先に進んでください。   あなたの悩みは次のうち、どれですか? ① 定期テストの点数が上がらない。 ② 偏差値を上がらない。 ③ 勉強する習慣を身につかない。   本質から話せば、 この1つのことが欠けているからではないでしょうか?   それは、   タイミング   例えば、 復習する タイミング 予習する タイミング   お子様の多くが、 塾で勉強したら、終わり。 これで成績はあがるでしょうか? いや、上がりません。 よっぽど優秀なお子様でない限り、1回やったから完璧になるようなことは起こりえないです。   では、 どのように勉強すれば、 これらの悩みを解決することができるのか?   それをこの夏にかけて、学んでいきましょう!   本当に成績が   伸びる子供は、    何をしていると思いますか? これが、この夏のテーマですね!   まずは、体験授業からお申込ください! 今なら、 お試し入塾 4回無料! です! ※ 通う曜日・時間帯を選ぶことができます! 初めて塾をご検討中の方におススメです! 学習アドバイスもさせていただきますので、安心してご利用ください!          ...

Read More

19 4月 船堀の塾 小学生から人生のスタートダッシュを!

こんにちは! さて、今日は小学生の勉強について   小学生の平均勉強時間は!? 平日で80分前後  休日で60分前後 そのうち、宿題で約36分と考えると、自学自習時間はほとんど無いと言っても過言ではありません。   ちなみに中学受験生の平均勉強時間は!?(同じ小学生です) 平日で3時間(180分)~5時間(300分) 休日で5時間(300分)~10時間(600分)   こう考えると、かなり恐ろしい結果ですね。 中学受験生が、勉強の平均時間を釣り上げていたとした場合、一般の小学生の多くは全く勉強していないことになる。 中学に上がった時にはもう差は歴然!? まさにそうだと思います。 どこに差がでてくるか? 例えば、 ・計算力 ・語彙力(漢字の読み書き) 小学校1年生の頃は、同じくらいの実力なのに、 中学1年生になったら、こういった所に差が出てくる部分です。 不思議ですよね?   何も、お金をかけて中学受験をしろ!というわけではなく、 中学校に上がる前に ・小学校で日々トレーニングを積んできた真面目な子。 ・小学校で日々トレーニングを積まないで遊んできた子。 この差は普段からの努力で埋めることができます。   では実際に何をやるか? ・計算力  小学生の頃から、タイムを計って速く正確に解く練習をする。 トライアングルではこんな教え。 ※計算問題はみんなに平等。やれば伸びるし、やらなければ伸びません。 だから計算テストをやるときは、目標Timeを決めてトレーニングしますし、家で毎日計算の練習をやらせています。   ・語彙力  辞書を引く習慣をつける(わからない言葉を調べる)  漢字の書く練習をする  文章を毎日読んで、何が書いてあったかを聞く。 ※興味・関心を持ちましょう!わからない言葉をそのままにしないことが大切。   結構、当たり前のことなのですが、 これを普段からやっている子供と、やっていない子供では大きく差が生まれることは必至です。   新学期で、新たな環境でのスタートを良いものにしていきましょう!      ...

Read More