トライアングル個別学習塾 - 船堀駅徒歩5分 | ブログ
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-11,page-paged-11,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-9.1.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
 

ブログ

05 12月 中学生になったら、内申はオール4以上を!

こんにちは。   今、中学生。もしくはこれから中学生になる人! 内申に対してどれぐらい意識を傾けることができているでしょうか?   『 お子様の将来を考えるなら、オール4以上を取りたい! 』   中学生になると、小学生の時に比べて内申が大きな意味を成します。 私立併願・単願はほぼ内申。 都立一般においては、内申で3割が決まります。   ちなみに内申の計算方法などはコチラを参照してください。 ⇒ http://triangle-intelligence-school.com/2016/10/28/%e6%96%b0%e4%b8%ad%ef%bc%91%e3%81%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e8%82%9d%e5%bf%83%ef%bc%81%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1/   オール3とオール4でどれだけ違うのか? 都立で言えば、 高校受験で言えば、 ① オール3で全体の2割の高校しか選べない。 ② オール4で全体の8割の高校が選べる。   その先の話まですると ① オール3の高校から大学進学  ⇒ 一般試験はかなり難しい。学校指定校推薦がほとんど。よって名が知れた大学は少ない。 ② オール4の高校から大学進学 ⇒ 一般試験で受ける人が多くなってくる。それでもMARCH、日東駒専、大東亜帝国がほとんど。 早慶上智や国公立に行っている人のほとんどは、都立上位校や私立上位校の人たちばかりなんです。(あくまで確率論です。※大学へ行く=将来有望というわけではありません。)   こんなデータがあります。 学歴別平均年収 学歴(年収) 男性 女性 中学卒 383万9600円 242万6500円 高校卒 458万5100円 294万2300円 高専・短大卒 484万1300円 381万2100円 大学・大学院卒 648万1600円 443万4600円 ※データ 「平成24年 賃金構造基本統計調査」 学歴別生涯年収 学歴(生涯年収) 男性 女性 中学卒 1億7130万円 1億1050万円 高校卒 1億9040万円 1億2470万円 高専・短大卒 2億40万円 1億5890万円 大学・大学院卒 2億5180万円 1億9930万円   生涯賃金は2億円と言いますが、大学卒だと約2.5億円と6千万近く差があるようです。 あくまで平均なので、大卒 > 高卒 が必ず当てはまるということではありません。   ちなみに 50歳時点の年収平均を見てみると、 大卒 : 829万円 高専・短大卒 : 509万円(大卒の30代前半並み) 高卒 : 476万円(大卒の30歳並) 中卒 : 409万円(大卒の20代後半) 新卒の時は、そこまで変わらないお給料も、50歳時点でここまで変わることを考えると、現実を直視たくない結果ですよね。   ちょっと話が飛躍しましたが、 学歴社会は未だに残っていますし、これからも確実に残ります。 おそらく大学全入時代に突入した場合、今度は大学格差が生まれることでしょう。   小学生や中学生のお子様をお持ちの保護者様は、 これからのお子様の将来を真剣に考え始めている頃だと思います。   『まだ大丈夫!』と思っているうちに、子供はすぐに大人になります。   将来から逆算をして、今の選択肢を与えることは非常に大切ですし、 子どもにはまだそれを自分の意思で全て決定する力を持っていません。   将来何をしたいのか?最後の判断はお子様次第にはなりますが、 色々な選択肢から選べるようにさせてあげるのは、小学・中学の間は周りのフォローも大切だと思います。   将来の選択肢を増やしてあげられるように、塾の中でもサポートしていきます。    ...

Read More

02 12月 中1からの頑張りで5科330点から448点へ!

こんにちは。 12月に入り今年も残すことあと1ヶ月!   私事ですが、 11月に第一子が誕生しました。めちゃくちゃ可愛いですね! 毎日顔を見るのが楽しみでなりません。 早くも親バカになりそうです。 子供の成長は環境で半分が決まると言いますので、しっかりとその環境を整えてあげたいと思います。   さて 330点 ⇒ 448点(学年10位) このように成績が上がった生徒がいます。 もう今は高校1年生ですが、見事高校受験に成功しました。 これは彼女の入試前のノートです。授業でやったことをしっかりとまとめることができています。 ちなみに理科の偏差値は65です。   最初からできる子だったのではないか? そんな疑問を持つ方もいるかもしれませんが、そんなことは全然ありませんでした。 元々は 数学53点 理科52点    これが、 数学95点 理科90点 になり、見事に得意科目に変身!   中1からの頑張りが見事に花開いた瞬間!でした。   よく入塾面談の時に保護者様から 『理系科目ができないんですよ。』と言われることがあるのですが、 実際に体験授業などをやってみると、理系の素質があることがあります。 実はやってみたら、苦手科目が得意科目になるなんてことは、よくあることです。   今やその子は、完全に理系です。理系の大学を目指しています。   そう考えると、 中学1年次の結果は、あまりあてにはしておらず、 むしろご本人のポテンシャル(潜在能力)に目を傾けたくなります。   この前、体験授業をやった女の子もそうです。 ・計算スピードも速い。 ・途中式もちゃんときれいに書ける。 ・質問したことへのレスポンスがある。 ・アドバイスされたことを、しっかりやり切れそう。 など こういう子供は、数学がきっとできるようになります。むしろ、全体の成績も上がる可能性があります。   この子がどう成長していくか?そしてどう成長させていくか? 私は非常に楽しみでなりません。   お子様が今、どんな状況であれ、変わるだけの能力は、どんな子にも備わっているはず。 勉強の仕方も大切ですが、 勉強する上での姿勢を変えることの方がもっと大切です。   トライアングルでは、 そこに重点を置きます。              ...

Read More

01 12月 在塾生徒の成功体験☆

こんにちは! 今日は在塾生徒の成功体験☆ 定期テストシーズンですので、 中学生の成功体験を更新いたしました!   入塾前よりもモチベーションがUPし、成績がUPした子の体験談です。 写真だと見づらいので、一部ご紹介!   松江第一中学 Kさん 毎日勉強する習慣が身に付き、受験生という自覚を持つことができました。学校のテスト前の宿題も1週間前にはすべて終わり、目標を超すことができました。次からは、その日に習ったことをその日に解決をし、覚えるまでとことん復習しようと思います。 松江第一中学 Kくん 理科と社会の点数が前回よりも20点以上上がりました。塾に入ってから今までより勉強するようになりました。次は、他の科目でも同じくらい点数を上げたいので、毎日2時間以上勉強をします。   二之江中学 Aくん まとめノートを書いたことにより、以前より覚えられるようになりました。他の科目もまとめノートを作り、テスト勉強を1か月前からやって良い点が取れるように頑張ります!   体験授業やってます! 興味が持った方は一度、体験授業を受けてみませんか?...

Read More

18 11月 テストの解き直し 無料特訓講座

こんにちは! 今日でテストが終了しましたね。   皆さん出来栄えはいかがでしたでしょうか?   さて、 テストが終わり、中1・中2は部活が再スタートします。 また次の学年末テスト3か月前となりました!   今回のテストの解き直し 及び 次のテストに向けた予習 をしないといけませんね!   新入生のためのお試しパックで3回無料 で復習しましょう! 特に、数学と英語は次回に影響してきますよ! 明日は土曜日!まずお電話から^^      ...

Read More

12 11月 冬期講習受付中!

こんにちは! 冬期講習の新規受付を開始いたします! チラシの内容はコチラ! ① 表面 詳しく見る方はコチラをクリック ⇒ %e5%86%ac%e6%9c%9f%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b72016%e7%ac%ac2%e5%9b%9e ② 裏面 詳しく見る方はコチラをクリック ⇒ %e5%86%ac%e6%9c%9f%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%ac%ac3%e5%9b%9e      ...

Read More

12 11月 小学校の計算、簡単だからって侮ってない? 船堀の塾

三角関数の加法定理の証明をしてみました! 一見、難しそうな証明に見えるかもしれませんが、意外と基本なことしか使っていません。 高校の数学ではこんな証明問題までは基本的には出題されませんが、 問題の本質、他の知識との関連性を見るうえでも良いことだと思います。   さて、 勉強についていけなくなるのは、一体いつ頃が原因なのか? 私の認識が正しければ、小学校ですね。 特に算数であれば、 小学校 ⇒ 中学校 ⇒ 高校 と積み上げ式なので、 小学校でできていない子は、中学校の数学もできるようになりません。   とくに小学校でつまづいている子供たちは注意が必要ですね! 逆に小学生の内容ができている子は、正しい道を歩めば、中学、高校も数学が苦手になることはないと思います。   小学生で習う計算問題、簡単だからまだ大丈夫!って侮っていないですか? 『 計算ができる! 』 というのと 『 計算が得意! 』 というのは 大きくかけ離れています。 多くの子供が『 わかるから平気! 』 とか 『 できるから大丈夫! 』 などと計算問題を侮っています。 結果どうなるか? ⇒ 中学になった時に苦手になる要因を作ります。   計算問題はわかる・できるということよりも 速く解けるという処理スピードが高いことの方が大切です。 所詮、小学生の内容ですからほとんどの子供ができます。 しかし、早く解けるかどうか?は別問題です。   私立の小学校の生徒、中学受験をする生徒は、普段からスピードが求められています。 それは何故でしょうか? 小学生のうちから大学受験のことまで念頭に入っているからです。   小学校の内容をできるようにするという目的で動いているか? その後の内容もできるようにするという目的で動いているか?   ここには大きな差が生まれます。   小学生・中学生の内容を簡単だからと疎かにしないという先見の明が大事だと思います。        ...

Read More