トライアングル個別学習塾 - 船堀駅徒歩5分 | 祐介石田
2
archive,paged,author,author-triangle,author-2,paged-7,author-paged-7,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-9.1.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
 

Author: 祐介石田

12 11月 小学校の計算、簡単だからって侮ってない? 船堀の塾

三角関数の加法定理の証明をしてみました! 一見、難しそうな証明に見えるかもしれませんが、意外と基本なことしか使っていません。 高校の数学ではこんな証明問題までは基本的には出題されませんが、 問題の本質、他の知識との関連性を見るうえでも良いことだと思います。   さて、 勉強についていけなくなるのは、一体いつ頃が原因なのか? 私の認識が正しければ、小学校ですね。 特に算数であれば、 小学校 ⇒ 中学校 ⇒ 高校 と積み上げ式なので、 小学校でできていない子は、中学校の数学もできるようになりません。   とくに小学校でつまづいている子供たちは注意が必要ですね! 逆に小学生の内容ができている子は、正しい道を歩めば、中学、高校も数学が苦手になることはないと思います。   小学生で習う計算問題、簡単だからまだ大丈夫!って侮っていないですか? 『 計算ができる! 』 というのと 『 計算が得意! 』 というのは 大きくかけ離れています。 多くの子供が『 わかるから平気! 』 とか 『 できるから大丈夫! 』 などと計算問題を侮っています。 結果どうなるか? ⇒ 中学になった時に苦手になる要因を作ります。   計算問題はわかる・できるということよりも 速く解けるという処理スピードが高いことの方が大切です。 所詮、小学生の内容ですからほとんどの子供ができます。 しかし、早く解けるかどうか?は別問題です。   私立の小学校の生徒、中学受験をする生徒は、普段からスピードが求められています。 それは何故でしょうか? 小学生のうちから大学受験のことまで念頭に入っているからです。   小学校の内容をできるようにするという目的で動いているか? その後の内容もできるようにするという目的で動いているか?   ここには大きな差が生まれます。   小学生・中学生の内容を簡単だからと疎かにしないという先見の明が大事だと思います。        ...

Read More

10 11月 少子高齢化社会 江戸川区は?

こんにちは。 私事ですが、もうすぐ第1子が生まれます。 非常に楽しみで、1日1日まだかまだかと思っているところです。   少子高齢化社会と呼ばれる世の中。 ちょっと気になったので出生率を調べてみました。   全国  1.42 東京都 1.15 ⇒ やばいですね! ちなみに東京23区内で1番多いと言われる 江戸川区 ⇒ 1.38 ...

Read More

10 11月 2016年冬期講習 新規生徒の受付は11月17日から 船堀の塾

こんにちは。 2016年 の 冬期講習 新規生徒の受付は11月17日からとさせていただきます。 通常授業の受付は随時行っております。 詳しくは教室までご連絡ください。   さて、 期末テストが終われば、学年末テストまで3か月! 3ヶ月あれば、苦手科目を得意科目に変えることも可能ですよ!   子供のやる気を待っていたら、 いつまでたっても始められません。 やる気がないなら、やる気を出させますので、家ではどうにも話ができない方もどうごご安心ください!      ...

Read More

02 11月 新中1特集!中学で習う科目は何が一番難しい? 船堀の塾

こんにちは! 塾長の石田です! さて今日も 新中1特集! 『 中学で習う科目は何が1番難しい? 』  です。   昨年の都立入試の平均点は、 過去13年の平均で 国語 64.9点 数学 56.6点 英語 56.2点 社会 59.3点 理科 59.0点 この数値だけを見ると 英語 < 数学 < 理科 < 社会 < 国語 というような平均点の低い順になります。 つまり、国語はそこまで差がつかないということです。 流石日本人! 平均点が高いため、極端にできない限り他の子と差がつきづらいということですね。   こう見ると、 英語が一番平均点が低く、苦手にしている子供が多いようです。 小学生から英語教育はされてはいるものの、中学に入り本格的に文法を学ぶようになり苦手にする子供が多いように見受けられます。 苦手になる原因は何か? 原因は ① 単語を覚えていない。 ② be動詞、一般動詞の部分から実はあまり理解できていない。 ③ 都立の入試はほぼ長文読解 というところでしょうか。 漢字が読めなければ日本語の文章が読めないように、英語も単語がわからなければフランス語を読んでいるのとさほど大差ないということです。 次に数学 数学は苦手・得意がわかれやすい科目ですね。 中1で習う単元の多くは小学校の復習問題です。(新たに解放は増えますが) 小学校からの内容で苦手になりやすい単元は、 ① 分数・小数の計算 ② 割合・百分率 ③ 速さ などです。これは小6の段階で克服しておきたい部分です。 実は、苦手になる時期は3段階あります。 1回目 中1の1学期 ⇒ のっけからついていけなくなる。 2回目 中1の2学期 ⇒ 方程式や比例のグラフなどが出て意味不明に 3回目 中2の1学期 ⇒ 連立方程式が出てきて、もう無理! 中2の1学期で苦手にさえならなければ、そうそう苦手にはならないでしょう。 連立方程式がしっかりとできない子供は、2学期の1次関数で間違いなくつまづき、そして高校の数学でもつまづくことになるでしょう。 もちろん中1の内容が基本ですから、 中1でつまづいている = 中2でもつまづく ⇒ そして高校生までさようなら状態!   こうなります。 お子さんを将来大学まで行かせたい!というご希望をお持ちの保護者様! 実は、中1の最初の時点の頑張りが、今後の6年間を左右するんです。   数学と英語は、6年間つながりがあります。 したがって、早いうちから手を打っておいた方が良いのです。   この話をすると、多くの保護者様が納得していただけます。 受験のためだけの勉強ではなく、将来の可能性を広げるための勉強であってほしい! そう思って指導しています! こんなお話も少し 中学受験をしている子供たちは小3から塾へ通っています! 当たり前ですが、中1の時点で圧倒的な差がついています。 もちろん中学時代頑張ってその差を埋める子もいます。学校の上位10%といったところでしょうか? つまりの残りの80~90%前後の人は、中学時代の中では追いつけずに終わるということです。 小学生から塾に通わせるなんて、そんなこと考えられない! なんて思う方もいると思いますが、それ自体は否定しません。   しかしながら、 世の中には、自分の子供よりも圧倒的に勉強をしている子供たちが一杯いるということです。   将来、 スポーツ選手で食べていく。芸術家として食べていく。はたまた、芸能人になる。などという目標は大いに結構! ですが、ほとんどの子供たちは 民間企業に勤めていくことになります。そう考えれば、勉強を小さいころからやらせることは、特段変なことではないはずだと思います。 小学生のうちから自分から勉強したい!という子は稀ですが、 そう考えれば、お父様・お母様の教育熱がお子様の学力に比例する現実も見えてきます。   お子様の可能性は 習い事だけではなく、勉強にも向けられてもおかしくはないと思います。 習い事やスポーツは、私も必要だと思います。 勉強だけの人生なんてつまらないですし!ただ、スポーツをやっているから勉強をしない!というのは何だか違う気がしませんか?   小さいころから勉強をやる習慣をつけた子供とそうではない子供では、 成績が伸びる度合も変わってくることでしょう。   新中1となり、 学校に慣れてからなんて思っていては、手遅れになることもありますので、 学校に良い意味で慣れるためには、やはり勉強で上位にいさせてあげることが大切だと思います。 中学生活の90%は勉強で構築されていますから。   中学に上がる前に、 英語と数学!これはやっておきたいところですね! ...

Read More

28 10月 新中1はスタートが肝心!知っておきたい中学校の勉強 船堀の塾

こんにちは。 さて今日は、小学生6年生の保護者様向けのお話。 新たに中学生になるにあたって知っておきたい 『中学生の勉強について』をテーマにお話しします。   まず、 Q.中学生の勉強におけるゴールはどこか? A.都立・私立入試で合格することです。 高校受験において大切なことは2つ。 学校の内申(5段階評価の成績表)と偏差値(模試や実力テストの結果)の2つです。 1.学校の内申(5段階評価の成績表) どのようにつけられているか?というと、 ① 授業中の態度と積極性 いわゆる授業中の発言や、しっかりとした態度で聞けているかどうか? 特に男の子は注意です。毎年、何人かは授業崩壊の原因を作っているようです。 それに流されてしまうお子様にならないように注意したいところですね。   ② 提出物 期限通りに出せているか?出せないと成績が1下がります。   ③ テストの成績 基本的に 90点以上;5 80点以上;4 50点~80点;3 20点~50点;2 20点未満;1 という成績になります。(平均点により多少前後します) 2.偏差値 学校の実力テスト、V模擬で練習をし、本番の入試を迎えます。   この上記の2つの点数を合計して総合得点をきめます。 内申は、5科目の合計+実技科目の合計×2=換算内申 とし、 内申点=(9科換算÷65)×300 と計算します。     例えばオール4の場合 5科目:20 4科目:16×2=32 9科換算:52 この場合は、(52÷65)×300=240点が内申点となります。   例えば、江戸川高校の場合、総合得点の基準が720点ですので   720 - 240 = 480 をし、 480 ÷ 7 × 5 をした点数が入試でとらなくてはならない点数になります。 つまり、ここでは342点が当日の入試のボーダー点数になります。 江戸川高校を目指す場合は、最低でもオール4あった方がよいでしょう。   現在中1・中2のお子様をお持ちの方もぜひ一度、お子様の現状を把握してみてください。   3.定期テストについて 入試の内申は、3年生の2学期となっていますが、実際のところは1学期の成績も含まれているようです。 よく、3年生の2学期頑張ればいいや!という人もいますが、いきなり成績が上がることはありません。 前から頑張ってやっている子、態度の良い子が優先して成績が上がるのは、さして不公平な話ではありませんよね。 定期テストは年に4回がほとんど 6月・9月(10月)・11月・2月 の年4回です。   4.小学校の勉強は影響するか? 一言で言えば、影響します。 算数を例に挙げて話すと、 中学1年生の数学では、計算問題、図形がメインです。 1学期のテストは計算がメインですが、分数・小数の計算などはできないと影響します。また文章題では、割合や平均などのことも出たりするので、このことが理解できていない子は文章題が解けません。 小学校の内容は、中学校の内容の基本ですので、中学にあがるまえにできるようにしたいです。   5.今からどうやってスタートダッシュを切るの? 企業秘密ですので、やり方はお答えできませんが、 小学校の復習 ⇒ 中学校1学期の予習 という順番で行いたいですね。 予習をしておけば、学校の授業もすぐに理解できますし、授業態度もよくなる。点数もよくなります。   点数の悪い子供は、 わからない = 嫌い = 人よりできない = 点数が悪くなる という悪いルーティンになります。   それを わかる = 好き = 人よりできる = 点数が良くなる という良いルーティンにしたいです。   中1の1番最初のテストで、中学3年間の大体の位置取りが決まります。 これは何故か? 当たり前ですが、 中1のことができずして、中3のことができますか?です。 もっと言えば、中1ができずして高校の内容ができますか?です。 つまり将来を決定する大事な時期ということです。   これについては、 お子様自身は残念ながら気づくことできません。 つまりお父様、お母様が察してあげることが大事です。   6.この時期から予習した子がどうなった? 小学生の時は、学力的には真ん中でしたが、 中学生では、上位30番くらいにはいました。 中2で英検3級を合格していたり、得意科目を作ることができました。 得意科目をつくることは、 非常に大切! 得意科目がある子は、全体的に成績は良くなります!     早い子では12月から小学校の総復習。2月からは学校予習。 もうこれで4月から、のろのろとやっている子よりも差がつきます。   中学3年間のお子様の将来を決めるキッカケをつくるのは、 お父様とお母様です。 お子様としっかり話し合い今後のことを決めていきましょう! お子様が言うことを聞かない場合は、フォローしますよ。  ...

Read More

17 10月 ご家庭でもできる教育法 PART1 レッテル効果 船堀の塾

こんにちは!   さて今日は、ご家庭でもできる教育法 レッテル効果をご紹介 ~ 人間はレッテルを貼れるとそのように行動をする ~ という心理学的要素を使うやり方なのですが、 これは、 ピグマリオン効果(良い期待をかけポジティブな感情を抱くとその通りになる)と似ています。 例えば 非常によく効く薬と何の効用もないビタミン剤を患者に服用した結果、病気が治ってしまった。というケース。 ポジティブな感情、よく効く薬とレッテルが貼られたビタミン剤で病気が治るという実例です。   よくこんな光景を目にします。 『 勉強が苦手な子なんです 』とか『 数学が苦手な子なんです 』といった感じにレッテルを知らず知らずのうちに貼っているケースがあります。 子どもからすると『ああ、ぼくは(私は)勉強ができない子なんだな』と思うキッカケを作ってしまっています。   果たして勉強が苦手な子と決めつけても良いのでしょうか? よくテレビでも、よい期待をかけたことで子供が東大に入りました!なんてことがあったかと思います。 これはあながち間違えではなく、ポジティブな期待をかけたことで子供が良い方向に働いたケースといえます。 もちろん、子供は十人十色ですから期待をかけ続けるだけでうまくいく、こんな甘いものではありません。   しかし、 『あなたは勉強ができない子』とレッテルを貼るのか? 『あなたは実はやったらできる子』とレッテルを貼るのか?で大きく異なってくると思います。 ただし、多くのケースは こうやってレッテル効果やピグマリオン効果をかけるだけで成績が伸びると勘違いをしていることが多いです。 つまり前向きなことだけを言うことで、子供の成績が伸びると。   本当に大事な部分は、 『 あなたは、この成果を出すために、これとこれを行うと達成できます。私には、君がそれをできる可能性を十分にもっている思うなあ~』です。 期待だけかけられても、何をどうして良いかわからない。⇒ 結局、結果が出ない。 ⇒ やる気を失う。 何をすればよいかわかっている ⇒ それをやる ⇒ 成果が出る ⇒ やるきUP ⇒ 次のステップへ 新しいことや今自分のできないことをチャレンジするときは、不安がつきものです。 それができるかどうか?なんてわからないし、不安です。 では、成果を出す人は何でそれができるのでしょうか? これはスタートの段階で違いがあります。 例えば、 『 あなたの今の成績なら、ここが妥当だと思う 』 というか 『 あなたの今の成績なら、これをやると、あなたならここまでの可能性があるよ 』 というのか?全然違いますよね! 自分の今の実力で、やれるだろうと思わせること、思い込むことは非常に大切なことなんです。   これは他人から言われなくても、自分でも自問自答できることです。 『 私の実力であれば、この目標はやれば絶対に達成できる 』と前向きなレッテルを貼ってあげるのです。   そうすることで、今は高い壁でも実際やってみればそんな高い壁でもなかったと思うケースがよくあるはずです。   ご家庭で子供に勉強をさせたいと思うとき、 『 勉強しろ! 』とただ声掛けをするのか? まわりくどいかもしれませんが、別の言い方に変えるのか? これは、同じことを言うのでも、子供への伝わり方ややる気に大きく影響してくることだと思います。        ...

Read More

16 10月 高校生 大学受験生 お任せください! 船堀の塾

来週から高校生は、 中間テスト! 数学、化学、物理といった科目を勉強中! ↑ 数学Aの授業 ↑ 化学の授業 高校生は将来に向けてコツコツと頑張っています!     大学受験をする上で、 最低でも高2の12月からは始めておきたいところですね。 内部進学や指定校推薦であれば、高校1年生からの取組みが大切です。   ☆理系大学 英語・数学(123AB)・理科(物理・生物・化学) ※数学は理工系は数Ⅲまで含まれ、看護系などは数学1A、薬学系は1A2Bのみのところが多い。 ※理科は大学・学部により1科目・2科目の選択となる。 文系に比べて学ばなければならない知識が多いので、早めにスタートしたいところ。 主に数学1と数学2と数学3は連携している部分があるので、学校で習う基本事項は常に完璧にしておくことをおススメします。   ☆文系大学 英語・国語(現代文・古文・漢文)・社会(世界史・日本史・政経・倫理・地理・現代社会など) ※ 国語は、現代文・古文のところがほとんどです。 ※ 社会は、世界史は一番覚えなくてはならない知識量が多い。日本史はその次。ほとんどの大学で世界史か日本史の選択。政経で受験できるところも多いです。   ①MARCHレベル(明治・青山学院・立教・中央・法政) ②日東駒専レベル(日本・東洋・駒澤・専修) ③大東亜帝国レベル(大東文化・東海・亜細亜・帝京・国士館) の3つのレベルを目指すカリキュラムに分かれています。   実際に、 昨年までは、江戸川高校から立教大学、大江戸高校から東京都市大学の進学があり、 今年は、 明治大学の内部進学、中央大学の内部進学は既に決定しており、あとは学部のみ。 深川高校からMARCHレベル 関東第一から日東駒専レベル の受験が予定されています。   都立中堅高校からMARCHを目指すことも可能ですので、 現状の成績がどうとかで諦めず、まずは目標大学をしっかりと定めて学習しましょう。        ...

Read More

15 10月 都立入試ガイダンスを実施! 船堀の塾

こんにちは! さて今日は、 塾内で都立入試ガイダンスを実施   入試までの予定、現状把握、入試までに何をしなくてはならないか?、モチベーションUP! を行いました。 現状把握では、 自分の内申点 本番で何点を取らなくてはならないか?を把握し、 都立入試の傾向からどの部分が取れなくてはいけないか?を確認しました。   ガイダンスの最後に話したことは、勉強の心構えです。 スポーツ選手を例に挙げ、成果が出せる人の行動を確認しました。 イチローは プロ2年目で年間12本 プロ3年目で年間210本 のヒットを打ちました。 シーズンが終わり、約6か月。ひたすら努力をし、チャンスをつかみました。   イチローや本田圭佑や錦織圭は、ただ単に才能があったから活躍しているのでしょうか?もしこの3人が努力をする人ではなかったら、これほどの選手になっているでしょうか? 答えは否。   勉強をする上でも、 やらない、続けない、諦める、言い訳をする ⇒ 成果が出せない人 やる、続ける、諦めない、言い訳をしない  ⇒ 成果が出せる人   これに変わりはありません。 期末テストまで1ヶ月!次のテスト勉強はもう始めていますよね?  ...

Read More

07 10月 偏差値UPの決め手はココ! 船堀の塾

こんにちは。 さてV模擬の結果が返却されたので成績UP例をご紹介。 都立の問題は傾向と対策が決まっています。 したがって偏差値を大きく上げることもこのようにできます。   生徒によって目標点は違うので、授業でやる内容は違いますが、 例えば数学は、苦手な子でも夏休み前からの成果で以下のような偏差値になります。 冬の期間の対策でさらに+5UPさせることも可能です!     前偏差値 ⇒ 今回偏差値 5科目 偏差値50 ⇒ 57(7UP!) 前回より78点UP! 偏差値45 ⇒ 51(6UP!) 前回より76点UP! 偏差値34 ⇒ 44(10UP!)前回より115点UP!     国語 偏差値46 ⇒ 63(17UP!)前回より44点UP! 偏差値42 ⇒ 53(11UP!)前回より25点UP! 偏差値33 ⇒ 48(15UP!)前回より43点UP!   数学 偏差値48 ⇒ 53(5UP!)前回より10点UP! 偏差値47 ⇒ 54(7UP!)前回より21点UP! 偏差値52 ⇒ 56(4UP!)前回より17点UP!   英語 偏差値40 ⇒ 50(10UP!)前回より24点UP! 偏差値45 ⇒ 54(9UP!)前回より18点UP! 偏差値45 ⇒ 51(6UP!)前回より12点UP!   社会 偏差値44 ⇒ 56(12UP!)前回より24点UP! 偏差値34 ⇒ 41(7UP!)前回より14点UP!   理科 偏差値39 ⇒ 53(14UP!)前回より28点UP! 偏差値37 ⇒ 45(8UP!)前回より20点UP!    ...

Read More

01 10月 勉強・学びを成功に結び付けるのは? 船堀の塾

こんにちは! 先日、友人の結婚式のため名古屋に行ったきました。 そのついでに初めての名古屋観光もしてまいりました。 初めての一人旅。 少し緊張しつつも有意義な時間を過ごすことができました。 一人旅は今までしたことはなかったのですが、色々な名所をまわりながら自由に色々考えることができました。   私は結構歴史好きでもあるので、名古屋城を一人で観光。 全国のお城の中でも非常にきれいな景観をもっていました。 写真の右二つは車寄。将軍などの正規の客が上がる入口。 トヨタ産業科学記念館 トヨタ自動車の前身は、紡績業つまり糸関連の会社だったことはご存知ですか? 豊田喜一郎によって、トヨタ自動車が作られました。 昔は、こんな糸つむぎの機械。それが一番右の自動車になるなんて物凄い技術の進歩ですよね。   一番左の言葉が非常に印象的で 何かを始めるとき、多くの人は反対をしたり、笑いものにしたりすることが多いです。 それが可能か?可能でないか?なんてその場で証明することはできないはずですが。 多くの人が笑いものにする中、自動車が作れると信じた人たちによって自動車は開発されました。 その人らがいなければ、今の世界は存在しないのです。   『 周りの人は笑う、そんなことでも、成功できる。』   今、皆さんは勉強することに疑問を感じたり、自分の現状に悩んでいたりするでしょう。 そんな中、偏差値いくつにしたい!とか何点取りたい!という目標を立てて頑張っていることでしょう。 その目標がまわりから不可能と思われたとしても、挑戦すべきだと私は思います。 周りの人が無理と言っても、それが無理という根拠はその場では存在しません。 可能性は未知。 少なからず、子供たちの可能性を私は信じています。   今日スタートの生徒がたまたまいたのですが、 やはりその子にも可能性を感じてしまいます。きっとその子はできるようになります。 まずは子供たちを信じてあげ、それを伸ばすための行動を共有することから始めます。 2か月後の彼女の飛躍に期待。    ...

Read More